交通事故治療

「むち打ち」「むち打ち症」は、正式傷病名ではなく、「外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」「頸椎捻挫(けいついねんざ)」が正式傷病名です。
「外傷性頸部症候群」、通称「むち打ち」は、自動車事故などによる追突・衝突・急発進・急停車などの強い衝撃により、首が鞭を振り回してしなったときのような、S字形の動きを強いられることにより、様々な症状を引き起こす疾患を総称したものです。

split01.png

むち打ちの主な症状

交通事故後遺症(むち打ち)の症状は人によって様々です。また、交通事故の直後は興奮状態にあるため、痛みを感じなかったり、骨折に気づかなかったりするケースがあります。痛みは、事故から数日後落ち着いた頃に発生し、数年痛みと付き合っていくということもよくある事例です。

じっとしていると辛い

背中の張りが苦しい

首が痛くて、仕事や勉強に集中できない

思うようにスポーツができない

手足に痺れがある

不安で眠れない

なかなか熟睡できない

疲れがとれない

耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などがある

むち打ちの種類

頚椎捻挫型

むちうちと呼ばれる症状の大半が頚椎捻挫型です。頚椎を構成する筋肉や靭帯、関節包などが損傷を受けて捻挫の症状を引き起こしている状態を指します。首や肩を中心として、背中や腕など広範囲にわたって痛みが生じるケースがよく見受けられます。むちうち症の中では比較的軽度のものが多く、ある程度の時間をかけて適切な治療を続ければ問題なく回復する事が多いです。

バレリュー症候群型

痛み、耳鳴りや吐き気、更には目まいといった症状があらわれます。頚椎の中を通る自律神経への損傷が原因となります。わずかに脊椎の椎間孔から出ている神経を、交通事故によって筋肉が過度の緊張状態になることで圧迫し、頚椎動脈にも影響を与える事もよく見受けられます。

神経根症状型

頚椎の並びに歪みが生じる事によって、自律神経の通路が狭くなってしまうことがあります。これにより自律神経は圧迫され、ひどいものは損傷につながるケースもあり、頭痛や手足の痺れなどが症状として現れます。咳やくしゃみ、何気ない首の曲げや廻しにすら痛みを伴う状態がよく見受けられます。

脊髄症状型

手足の末端にまで巡らされている神経信号を脳に伝達する役割を担っており、この部分が同様に圧迫や損傷を受けると、人体へ大きな影響をもたらします。無意識に行われている身体の生理的機能も、実は神経信号のやりとりによって動かされているので、この部分への負荷を与えることは知覚障害や頻尿、尿の出づらさなどの症状を引き起こすケースもあります。

当院での施術

当院では、

●検査・評価(状態の把握、他の疾患との鑑別)

●手技療法(筋肉や筋膜へのアプローチ)

●運動療法(可動域、筋調整、除痛、筋力強化)

●ハイボルト療法(除痛電気療法)

●温熱療法(アイシング、ホットパック、超音波)

●テーピング(固定)

●日常生活指導(安静)

等を実施。

安静と除痛を最優先し治療プランを進めていきます。
患者様お一人お一人の症状や経過に合わせて最適で最良の施術をさせて頂きます。
ご安心してお任せください!

一般的に「むち打ち症」は靭帯(じんたい)や関節包、筋肉などの障害のため、外見上・レントゲン・MRIでは確認ができないうえに、症状がでてくるまでに時間がかかることもあり、周囲の人に痛みを理解してもらえなかったり、何年も何年も後遺症の痛みを抱えて過ごしていたり、きちんと治っていないのに施術が終了してしまったという話をよく聞きます。むち打ちは、治せます。まずは、気軽にご来院ください。

厚生労働省認定の交通事故治療院だから

安心・安全施術 

痛み・不調の原因を狙い定め

的確に治療する為、回復が早い

土曜・日曜日も19:30まで受付

だからお勤めの方も通いやすい

交通事故認定整骨院なので

自賠責保険で自己負担0円